更年期障害 男性 30代

更年期障害は男性の30代から始まるって本当?

30代の男性でも更年期障害になる人はいます。

 

若年性更年期障害と呼ばれていますが、ホルモンバランスが崩れた場合に起こるのですが、

 

元気に働いていた人が突然会社を辞めて引きこもりになるなど、

 

まさかと思うような状態を引き起こす場合もあるので注意が必要です。

 

女性は若年性であっても閉経を伴うために婦人科系の病気だと気付きやすいのですが、

 

男性の場合は精神的な病気と見分けがつきにくく、しかも本当にうつ病などを発症してしまうケースもある

 

ので発見が遅れる場合があります。

 

最近では40代男性の更年期障害はとても多く発症していますので、

 

日常的なストレスなどが大きく影響しているとも考えられますね。

 

重度のうつ症状になってしまうと家族の呼びかけにも反応しなくなってしまいますので、

 

余計に治療が困難になってしまうこともあります。

 

 

仕事や生活環境が急変すると、その引き金になることもあります。

 

30代は、男性ホルモンであるテストステロンの減少も一般的にはまだ緩やかなはずですが、

 

例えば急に仕事場での立場が上下したり、親が病気になったりと急激な変化が起きることで、

 

男性ホルモン値がなんと60代にまで落ち込んでしまう場合もあります。

 

認められようと頑張っていた人が、限度を超すとそうした変化が起こりやすくなります

 

不眠症状などから徐々に倦怠感が強まる場合もあり、神経科や精神科を受診することで

 

余計に発見が遅れてしまうケースもありますので、一度は更年期障害を疑ってみることも必要です。

<スポンサードリンク>

更年期障害は男性の30代から始まるって本当?関連ページ

更年期は男性にも現れるって本当?!
更年期障害といえば、女性の問題として考えられており、男性には全く縁のないものだとされてきましたが、近年になり男性にも更年期障害が起こっていることがわかっています。
男の更年期障害かチェックしてみよう!
40代になって気力が出ない、やる気が起きない、何をしても疲れやすいという男性は、ひょっとしたら更年期障害かもしれません。医師などが目安としている項目で更年期障害かどうかをチェックしてみませんか。
更年期が男性で起きる年齢はいくつから?
男性の更年期障害は、いくつぐらいから始まるのでしょうか?男性の更年期障害は、男性ホルモンの減少によって引き起こされますが、女性ほど急激ではないものの、女性と変わりなく40歳半ばくらいから症状が現れ始めます。
男性の更年期は異常な汗が出てくるの?
男性の更年期障害になった人の中には、突然異常な汗が出てくるようになった時期を体験している人がいます。何もしなくても体が暑くなって汗が出たり、顔や首、脇の下などに集中的に汗をかくなどといった特徴があります。
治療する薬は男性ホルモンが有効なの?
男性の更年期障害を治療する薬は男性ホルモンで、男性ホルモン補充療法と言われています。血液中の男性ホルモン値が著しく低下している時に注射を行い、安定したら内服薬に変えるという方法です。
漢方で長期的に治療続けると良い?
男性の更年期障害の治療にも漢方薬が使われることがあります。男性ホルモンを補充する療法が用いられることも多いのですが、ある程度安定してからは漢方薬に切り替えて長期治療を続ける方が良い場合もあります。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために