更年期障害 男性 チェック

更年期障害 男性編:男の更年期障害かチェックしてみよう!

40代になってなんだか気力が出なくてやる気が起きない、何をしても疲れやすいという男性は、

 

もしかしたら更年期障害かもしれません。

 

判断するのに医師など専門家が目安としている項目がいくつかありますので、

 

どれくらい当てはまるかチェックしてみましょう

 

 

・不眠が続いている。
・いつも体調が思わしくなく、気難しい気分になることが多い。
・ささいなことでもくよくよ悩み、気分が沈む。
・不安や焦りを感じる。
・動機が激しく、息が苦しと感じる時がある。
・顔がほてったり、のぼせたりする。多汗になる。
・めまいや吐き気がする。
・手足の関節、腰が痛む。
・頭痛や肩こりが取れない。
・早朝勃起がない。
・性的な興味がなくなった。
・食欲が減り、味覚が鈍った。
・朝が特に無気力になる。
・自分の人生が虚しく寂しく感じる。
・仕事に身が入らず、集中力がない。

 

 

他にもクリニックなどによっていろいろな項目が挙げられますが、基本的には今まで通常に送っていた

 

常生活に何らか不具合が出始め、改善するにも気力が沸かないといったことになるかと思います。

 

これらに当てはまるからといってすべてが更年期障害とは限りませんが、疑ってみる必要はあるでしょう。

 

この他に肉体的な不調も併発し、体重が減ったり筋肉が落ちたり、脂肪体質になって

 

便秘が起きたりすることもあります。

 

これといった大きな障害ではなくても、小さな不調がたくさんまとわりついてくるというのが
 
更年期障害の特徴です。

<スポンサードリンク>

更年期障害 男性編:男の更年期障害かチェックしてみよう!関連ページ

更年期は男性にも現れるって本当?!
更年期障害といえば、女性の問題として考えられており、男性には全く縁のないものだとされてきましたが、近年になり男性にも更年期障害が起こっていることがわかっています。
更年期が男性で起きる年齢はいくつから?
男性の更年期障害は、いくつぐらいから始まるのでしょうか?男性の更年期障害は、男性ホルモンの減少によって引き起こされますが、女性ほど急激ではないものの、女性と変わりなく40歳半ばくらいから症状が現れ始めます。
男性の更年期は異常な汗が出てくるの?
男性の更年期障害になった人の中には、突然異常な汗が出てくるようになった時期を体験している人がいます。何もしなくても体が暑くなって汗が出たり、顔や首、脇の下などに集中的に汗をかくなどといった特徴があります。
男性の更年期は30代から始まるの?
30代の男性でも更年期障害になることがあります。若年性更年期障害と呼ばれているのですが、ホルモンバランスが崩れたときに起こり、突然引きこもりになるなどの状態を引き起こすこともあります。
治療する薬は男性ホルモンが有効なの?
男性の更年期障害を治療する薬は男性ホルモンで、男性ホルモン補充療法と言われています。血液中の男性ホルモン値が著しく低下している時に注射を行い、安定したら内服薬に変えるという方法です。
漢方で長期的に治療続けると良い?
男性の更年期障害の治療にも漢方薬が使われることがあります。男性ホルモンを補充する療法が用いられることも多いのですが、ある程度安定してからは漢方薬に切り替えて長期治療を続ける方が良い場合もあります。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために