更年期障害 症状 男性

更年期の症状は男性にも現れるって本当?!

更年期障害というと女性の問題として取り上げられることが多く、

 

永らく男性には起こらないものとされてきた歴史があります。

 

女性は閉経に伴うためにわかりやすく、程度の差はあれ体が変調することは確かなことです。

 

何十年もずっと継続してきた性周期が無くなるわけですから、肉体的にはとても大きな変化ですね。

 

幸いにも辛い症状がなかったとしても、変化は確実に訪れるわけです。

 

 

一方男性にも実は更年期障害が起こっているとわかったのは、近年になってからです。

 

更年期にホルモンの状態が変化するのは、生物として女性も男性も同じというわけですね。

 

間接的な要因として仕事のストレスや肥満、運動不足が挙げられますが、

 

女性と同じく40代半ばから集中力の低下、意欲の低下、筋力の低下が見られ、
 
排尿や性機能が衰える症状が見られます。

 

精神的な症状としては、不安や不眠、焦燥感、倦怠感などがあり、抑うつ症状を起こす人も

 

いると言います。

 

自分自身の変化を非常にマイナスのイメージに捉えてしまうと、うつ病などへ発展してしまうことも

 

多いので、なるべく生活のリズムを崩さないようにストレスを溜めない生活をこころがけましょう。

 

 

男性で更年期障害になりやすいのは、几帳面で責任感や競争心がとても強い人が危険なタイプです。

 

続けていたスポーツやアクティブな趣味、仕事を急にやめたりすると一気に加速するケースも多いので、

 

この時期には出来る範囲で趣味は続けるなど急激な変化は避けましょう。

<スポンサードリンク>

更年期の症状は男性にも現れるって本当?!関連ページ

男の更年期障害かチェックしてみよう!
40代になって気力が出ない、やる気が起きない、何をしても疲れやすいという男性は、ひょっとしたら更年期障害かもしれません。医師などが目安としている項目で更年期障害かどうかをチェックしてみませんか。
更年期が男性で起きる年齢はいくつから?
男性の更年期障害は、いくつぐらいから始まるのでしょうか?男性の更年期障害は、男性ホルモンの減少によって引き起こされますが、女性ほど急激ではないものの、女性と変わりなく40歳半ばくらいから症状が現れ始めます。
男性の更年期は異常な汗が出てくるの?
男性の更年期障害になった人の中には、突然異常な汗が出てくるようになった時期を体験している人がいます。何もしなくても体が暑くなって汗が出たり、顔や首、脇の下などに集中的に汗をかくなどといった特徴があります。
男性の更年期は30代から始まるの?
30代の男性でも更年期障害になることがあります。若年性更年期障害と呼ばれているのですが、ホルモンバランスが崩れたときに起こり、突然引きこもりになるなどの状態を引き起こすこともあります。
治療する薬は男性ホルモンが有効なの?
男性の更年期障害を治療する薬は男性ホルモンで、男性ホルモン補充療法と言われています。血液中の男性ホルモン値が著しく低下している時に注射を行い、安定したら内服薬に変えるという方法です。
漢方で長期的に治療続けると良い?
男性の更年期障害の治療にも漢方薬が使われることがあります。男性ホルモンを補充する療法が用いられることも多いのですが、ある程度安定してからは漢方薬に切り替えて長期治療を続ける方が良い場合もあります。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために