更年期障害 薬 副作用

更年期障害の薬に副作用ってあるの?

更年期障害の治療薬と言えばホルモン補充療法が主流ですが、

 

重篤なものではないとしても副作用は伴うので認識しておきましょう。

 

女性のホルモン補充療法ではプラセンタの注射などが行われますが、

 

投与始めには生理のような出血が見られる場合もあり、薬の量の加減が必要です。

 

また、筋腫がある場合は成長して大きくなることがあるので問題がある場合はホルモン補充療法は止めて、

 

漢方薬での治療に切り替える場合もあります。

 

 

一番気にされるのが、一時期アメリカで問題視された子宮がんや乳がんのリスク増加という副作用ですが、
 
その後の研究によってこうしたリスクはほぼ無いという研究結果が出ています。

 

ただ、女性ホルモンであるエストロゲン単体の投与は子宮がんリスクを高めるために、

 

現在ではエストロゲンとプロゲストンという黄体ホルモンとの併用が主流となっています。

 

 

その他にも胃腸が不調を起こしたり、乳房が張ったりといった副作用もあります。

 

いずれも個人差があり、薬の量を調整したり、体を慣らしたりすることで軽減していくものですので、

 

副作用よりもホルモン補充療法でのメリットのほうが大きいと判断されれば治療は続けられます。

 

 

世界中でもホルモン補充療法更年期障害にとても有効な治療とされ、

 

女性も男性も治療の中心となっています。

 

日本では男性のホルモン補充療法は自由診療となり費用は自己負担となりますが、

 

女性のプラセンタ注射などの治療は保険が適用されます。

 

ただし、女性も低用量ピルの服用などは自由診療となり自己負担となります。

<スポンサードリンク>

更年期障害の薬に副作用ってあるの?関連ページ

食事で症状に負けない体作り
更年期障害の症状 女性 40代 食事で症状に負けない体作りをしましょう!
緩和すると評判のサプリメント
更年期障害の症状 女性 40代 緩和すると評判のサプリメントについての情報を掲載しています。
漢方で体質から改善!
更年期障害の症状 女性 40代 東洋医学では一人一人の状態に合わせて診断し、一番適した漢方の組み合わせを処方されます。
更年期障害にローヤルゼリーがいいらしい
更年期障害にローヤルゼリーが効き目があるといわれていますが、ローヤルゼリーに含まれているアセチルコリンが自律神経のバランスを整えてくれる機能があるからだと言われています。
更年期障害にはホルモン補充が効果あり
更年期障害の治療に、ホルモンを補充するという治療法が行われることがありますが、これは女性の場合はプラセンタを、男性の場合は男性ホルモンであるテストステロンを補充するという方法です。
更年期障害にはプラセンタが有名です
更年期障害でプランセンタが使われるのは、女性の治療のケースになります。プラセンタといえば、美容のサプリやドリンクで知ってる人も多いですが、更年期障害で使われるのは、ヒト型プラセンタを使用したものです。
更年期障害のピークっていつ?
更年期障害のピークは、女性で50歳前後、男性で50代後半だと言われています。男性の方がホルモンの減少が緩やかで、減少するカーブが急になってくる年齢が遅いのが理由だとされています。
更年期障害の乗り越え方のポイントとは・・・
更年期障害は年齢を重ねた肉体の変調に原因がありますが、その乗り越え方は精神的な要素が強いのが特徴です。ポイントとしては、自律神経のバランスを取り戻して生活のリズムを整えることになります。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために