更年期障害 ピーク

更年期障害のピークっていつ?

日本医師会によると、更年期障害のピークは女性は50歳前後、男性は50代後半と言われています。

 

男性のほうがホルモンの減少するスピードが緩やかで、カーブが急になってくる年齢が遅いというのが

 

理由でしょう。

 

女性は閉経を中心にホルモンの変化が起こるため、

 

平均的な閉経年齢である50歳が症状のピークと言われるのも当然のことでしょう。

 

 

ただ、これも非常に個人差の大きいものなので、まったく当てはまらない人もたくさんいます。

 

女性の初潮や男性の声変わりなどもそうですが、いつ変化が現れて来るのかは一人ひとり

 

まったく時期がわかりません。

 

更に、更年期障害に関しては、仕事や生活環境のストレスなどが非常に大きく関係してくることが

 

判っていますので、30代で症状が始まってしまう人は、ピークも当然非常に早く訪れることになります。

 

 

医師会などでは男女とも更年期障害の治療期間は40歳から60歳を規準としていますので、

 

概ねその間はいつでも該当期間となります。

 

20年という広い幅がありますので、自分がいつどのような症状がどれくらい出て来るのか、

 

あるいは出てこないのか、わからないのがやっかいですね。

 

 

たとえ若年性更年期障害を発症してしまった人でも、多大なショックは受けるかもしれませんが、

 

早く訪れた分、早く終了するのだと思って、落ち込まずに毎日の生活の質を高める努力を続けましょう。

 

また、そろそろ平均的な年代に差し掛かったなと思ったら、

 

運動や食事など生活習慣を変えて備える意識も必要でしょう。

<スポンサードリンク>

更年期障害のピークっていつ?関連ページ

食事で症状に負けない体作り
更年期障害の症状 女性 40代 食事で症状に負けない体作りをしましょう!
緩和すると評判のサプリメント
更年期障害の症状 女性 40代 緩和すると評判のサプリメントについての情報を掲載しています。
漢方で体質から改善!
更年期障害の症状 女性 40代 東洋医学では一人一人の状態に合わせて診断し、一番適した漢方の組み合わせを処方されます。
更年期障害にローヤルゼリーがいいらしい
更年期障害にローヤルゼリーが効き目があるといわれていますが、ローヤルゼリーに含まれているアセチルコリンが自律神経のバランスを整えてくれる機能があるからだと言われています。
更年期障害にはホルモン補充が効果あり
更年期障害の治療に、ホルモンを補充するという治療法が行われることがありますが、これは女性の場合はプラセンタを、男性の場合は男性ホルモンであるテストステロンを補充するという方法です。
更年期障害にはプラセンタが有名です
更年期障害でプランセンタが使われるのは、女性の治療のケースになります。プラセンタといえば、美容のサプリやドリンクで知ってる人も多いですが、更年期障害で使われるのは、ヒト型プラセンタを使用したものです。
更年期障害の乗り越え方のポイントとは・・・
更年期障害は年齢を重ねた肉体の変調に原因がありますが、その乗り越え方は精神的な要素が強いのが特徴です。ポイントとしては、自律神経のバランスを取り戻して生活のリズムを整えることになります。
更年期障害の薬に副作用ってあるの?
更年期障害の治療薬と言えばホルモン補充療法が主流ですが、重篤なものではないとしても副作用は伴うので認識する必要があり、胃腸が不調を起こしたり、乳房が張ったりといった副作用があります。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために