更年期障害 ホルモン補充

更年期障害にはホルモン補充が効果あり

更年期障害の治療でホルモン補充療法が行われる場合もあります。

 

女性の場合はプラセンタの皮下注射、もしくは筋肉注射が行われますが、

 

男性のほうは男性ホルモンのテストステロンを皮下注射するホルモン補充療法や内服薬、

 

外用薬などがあります。

 

 

女性の更年期障害の治療薬としてはプラセンタの注射薬保険適用の治療薬として認められているの

 

ですが、男性ホルモンのほうは自由診療となっていますので注射や内服薬、外用薬は自己負担となります。

 

男性の更年期障害の発見と認知が恐ろしく遅れたこともありますが、ちょっと不公平ですね。

 

男性ホルモン補充に適さない若年性の更年期障害や、前立腺がんなどのリスクを避けたい人などは

 

漢方薬による治療も行われていますので、主治医に相談してみると良いでしょう。

 

 

それぞれ男性も女性もホルモンの減少が病気の根本的な原因なので、その値を安定的に維持するか、
 
急激な減少を緩やかな減少カーブに落ち着かせることが治療の目的となります。

 

注射は治療開始時には週1回から2回定期的に行い、血液中のホルモン値を測定しながら

 

好転するかどうかを確認して、薬量を増減して安定化を目指す治療になります。

 

ここで思ったような結果が出ない場合には違う方法が取られますが、

 

効果がある場合は3ヶ月程度治療を続けて、その後内服薬などに移行するのが一般的です。

 

 

ただ、更年期障害は薬やホルモンの補充だけで治るというものでもなく、

 

カウンセリングや家族の支えなど周りの協力は絶対不可欠です

<スポンサードリンク>

更年期障害にはホルモン補充が効果あり関連ページ

食事で症状に負けない体作り
更年期障害の症状 女性 40代 食事で症状に負けない体作りをしましょう!
緩和すると評判のサプリメント
更年期障害の症状 女性 40代 緩和すると評判のサプリメントについての情報を掲載しています。
漢方で体質から改善!
更年期障害の症状 女性 40代 東洋医学では一人一人の状態に合わせて診断し、一番適した漢方の組み合わせを処方されます。
更年期障害にローヤルゼリーがいいらしい
更年期障害にローヤルゼリーが効き目があるといわれていますが、ローヤルゼリーに含まれているアセチルコリンが自律神経のバランスを整えてくれる機能があるからだと言われています。
更年期障害にはプラセンタが有名です
更年期障害でプランセンタが使われるのは、女性の治療のケースになります。プラセンタといえば、美容のサプリやドリンクで知ってる人も多いですが、更年期障害で使われるのは、ヒト型プラセンタを使用したものです。
更年期障害のピークっていつ?
更年期障害のピークは、女性で50歳前後、男性で50代後半だと言われています。男性の方がホルモンの減少が緩やかで、減少するカーブが急になってくる年齢が遅いのが理由だとされています。
更年期障害の乗り越え方のポイントとは・・・
更年期障害は年齢を重ねた肉体の変調に原因がありますが、その乗り越え方は精神的な要素が強いのが特徴です。ポイントとしては、自律神経のバランスを取り戻して生活のリズムを整えることになります。
更年期障害の薬に副作用ってあるの?
更年期障害の治療薬と言えばホルモン補充療法が主流ですが、重篤なものではないとしても副作用は伴うので認識する必要があり、胃腸が不調を起こしたり、乳房が張ったりといった副作用があります。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために