更年期障害の症状 女性 40代 しびれ

更年期障害の症状 女性 40代 しびれは手足の末端に!

更年期障害の症状の中に「しびれ」があります。

 

これは特に手足などの末端に強く現れる症状ですが、自律神経の乱れによる知覚障害の一つですので、

 

必要以上に心配する必要はありません。

 

 

40代から50代の女性は卵巣機能が低下することで女性ホルモンのバランスが崩れ、

 

手足がしびれたり感覚が鈍くなったり、逆に過敏になって何も触っていないのに

 

何かに触っているような感覚が起きたりすることがあります。

 

皮膚のハリを保っているホルモンの分泌量が少なくなり、皮膚感覚が今までと異なる状態になるため

 

感覚異常が起きているのがその理由ですので、いずれ時間と共に症状は落ち着いて来るでしょう。

 

 

但し、これは更年期障害によるしびれだった場合の話です。

 

手足にしびれが出る病気としては、頸椎や腰椎の異常、リウマチの初期症状などがありますので、

 

もしどこかの体幹の神経が圧迫されていることで起きているしびれであれば病院で治療が必要です。

 

 

更年期障害は身体のあらゆるところにあらゆる症状が出るため、

 

重篤な病気を隠してしまう場合もあります。

 

40代にもなれば軽い更年期障害が出ても不思議ではないから、と思っていると

 

大きな病気の初期症状だったりしますので、こまめに専門医に相談することは大切なことです。

 

 

更年期障害の手足のしびれで特徴的な症状は、皮膚表面が日焼けしているようにピリピリする、

 

何もいないのに虫が這っているような感覚がある、というものです。

 

対処としては温めたり、マッサージをしたりすると軽減します。

 

段々ひどくなったりこわばったりするのは違う病気の可能性がありますので注意が必要です。

<スポンサードリンク>

更年期障害の症状 女性 40代 しびれは手足の末端に!関連ページ

「のぼせ」や「ほてり」
更年期障害の症状 女性 40代 のぼせやほてりは自律神経障害症状と呼ばれます。
寒気はのぼせやほてりの逆作用
更年期障害の症状 女性 40代 寒気はのぼせやほてりの逆作用として表れます。
抑うつ状態になることも・・・
更年期障害の症状 女性 40代 抑うつ状態になることもあります!
無性にイライラする・・・
更年期障害の症状のイライラは精神障害症状です
耳鳴りは早ければ30代半ばから
耳鳴りは更年期障害の症状のなかでも自律神経障害症状の一つです。
物忘れが起こることも・・・
更年期障害の症状として物忘れが起こることもあります。40代での痴呆は早いので、女性の場合、更年期障害の可能性が高いといえます。
どうしようもなく身体がだるい
40代女性のどうしようもなく身体がだるい場合も更年期障害の症状といえるでしょう。
眠気を感じる・無性に眠い
更年期障害の症状として眠気を感じる・無性に眠いという症状もあります。
不眠を訴える場合、実は・・・
更年期障害の症状として不眠を訴える場合、実は思い込みの場合もあります。40代以降減少する女性ホルモンの影響で眠気を感じにくくなっているようです。
体温が少し高い(微熱が続く)
40代女性の更年期障害の症状として、体温が少し高い(微熱が続く)ことがあります。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために