更年期障害の症状 女性 40代 腹痛

更年期障害の症状 女性 40代 腹痛の原因と改善方法

40代から50代の間にほとんどの女性が何らかの更年期障害が出始めます。

 

本当にさまざまな種類の症状がある更年期障害ですが、腹痛もまたそのひとつです。

 

 

便秘でもないのにおなかが張って腹痛を引き起こしてしまったり、下腹部の脇が痛んだり、

 

卵巣あたりが痛んだりと腹痛の出かたもさまざまなんです。

 

このような腹痛は排卵後から生理前に起きやすいと言われています。

 

 

更年期に入ると胃腸機能が少しずつ低下していっている人がほとんどです。

 

たとえば冷たいものや水分を摂りすぎた時に昔はそんなことなかったのに胃腸の調子が悪くなる、

 

食事のも以前ほどたくさん食べられなくなってしまっているなどです。

 

こういった時期に体が冷えてしまったり、疲れがたまったりすると

 

おなかの張り腹痛が出てしまうんです。

 

 

また昔から便秘下痢になりやすかった人は更年期になるとその頻度が高まり、

 

逆に今までならなかったという人も便秘や下痢になりやすくなったりします。

 

つまり、もともと胃腸が弱い人はその弱い部分がより強い症状として現れてしまうんです。

 

 

更年期は女性ホルモンの分泌量が減っている時期でもあり、女性ホルモンの低下は自律神経にも

 

影響をあたえます。

 

自律神経は体内のバランスをととのえる役割をもっていますので、

 

自律神経のバランスが崩れるということは体内のバランスが崩れるとも言えるんです。

 

このバランスの崩れによって便秘や下痢がおきてしまうんですね。

 

ですので適度な運動、食生活の改善をこころみれば症状は和らぐことが多いです。

 

 

しかしここに挙げた腹痛は更年期に出やすい症状のものですので、

 

他の病気による腹痛というのもじゅうぶんに考えられます。

 

もし上記のどの腹痛にもあてはまらなかったり、いっこうに便秘や下痢が治まらなかったりといった場合は

 

お医者さんに一度診てもらってくださいね。

<スポンサードリンク>

更年期障害の症状 女性 40代 腹痛の原因と改善方法関連ページ

頭痛薬では治らない頭痛
更年期障害の症状 女性 40代の頭痛は頭痛薬では治らないことが特徴です!
原因が特定しにくい腰痛
更年期障害の症状 女性 40代 腰痛も更年期障害が関係している可能性があります。
骨密度低下による関節痛
更年期障害の症状 女性 40代 関節痛の原因はやはり女性ホルモンが大きく関係しています。
肩こりは筋肉の衰えから
更年期障害の症状 女性 40代 肩こりは筋肉の衰えから来る症状です。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために