更年期障害の症状 女性 40代 肩こり

更年期障害の症状 女性 40代 肩こりは筋肉の衰えから

更年期障害とは基本的に40代から50代の間、つまり閉経の前後10年の間に生じるさまざまな症状

 

まとめて呼びますがその症状の中に肩こりも含まれているんです。

 

肩こりと言えば老若男女問わず結構身近なワードに感じますよね。

 

実際そうなんですが、もともと肩こりになりやすい人なんかは更年期に入って更に悪化することも

 

あるみたいなんです。

 

 

更年期になると閉経に向けて女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。

 

この女性ホルモンの減少は自律神経に影響し、血行を悪くしてしまったりもするんです。

 

血行が悪くなることによって肩こりが出てしまうんですね。

 

 

また更年期は首・肩の筋肉が衰える時期でもあり、この筋肉の衰えも肩こりの原因となってしまいます。

 

普段運動しなかったり力仕事をしていなかったりする人が肩の筋肉が衰えていることに気付かずに

 

いきなりそこの筋肉を使ってしまうと、四十肩や五十肩になってしまう場合もあります。

 

 

更年期に限らずなんですが、女性は家事をする人が多いと思います。

 

家事というのはもはや「生活の一貫になっている」という人がほとんどだと思うのですが、

 

実は家事というのは肩の筋肉に結構負担をかけてしまうものなんです。

 

例えば料理をする際に、フライパンを片手で持ち上げたりなんていう動作も肩に負担をかけてしまいます。

 

 

普段の生活の中でも肩こりになる原因というのは潜んでいるものです。

 

ですので肩こりになりやすい時期とも言える更年期には、自分の生活を見つめ直して

 

肩こりの原因になりそうな姿勢や動作を確認してみるといいですね。

 

若い頃から肩こりがひどかったなんて人は特に「昔からだから」なんて思わずに注意してみてくださいね。

<スポンサードリンク>

更年期障害の症状 女性 40代 肩こりは筋肉の衰えから関連ページ

頭痛薬では治らない頭痛
更年期障害の症状 女性 40代の頭痛は頭痛薬では治らないことが特徴です!
原因が特定しにくい腰痛
更年期障害の症状 女性 40代 腰痛も更年期障害が関係している可能性があります。
骨密度低下による関節痛
更年期障害の症状 女性 40代 関節痛の原因はやはり女性ホルモンが大きく関係しています。
腹痛の原因と改善方法
更年期障害の症状 女性 40代 腹痛は自律神経のバランスの崩れや胃腸機能の低下により引き起こされます。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために