更年期障害の症状 女性 40代 関節痛

更年期障害の症状 女性 40代 関節痛は骨密度低下によるもの

女性の多くが40代から50代の間に発症する更年期障害。

 

この更年期障害の症状にはさまざまなものがありますが、関節痛もそのひとつなんです。

 

更年期障害とは閉経に向けて女性ホルモンが減少することにより発症する症状のことを

 

総じて言うのですが、人間の関節もまた女性ホルモンが多いに関係しているということなんですね。

 

 

女性ホルモンには骨密度を維持するはたらきがあり、減少すると骨粗しょう症になってしまう恐れが

 

あります。

 

そして関節とは人間の骨と骨の間にある空間を指しますがそこにはクッションの役割をはたす軟骨があり、

 

その軟骨もまた女性ホルモンによって維持されているんです。

 

よって女性ホルモンが減少してしまうと軟骨がすり減ってしまいクッションとしての役割をはたすのが

 

難しくなってきます。

 

これが更年期に起こる関節痛の原因なんです。

 

 

更年期に関節痛を感じたら気を付けなくてはいけないことがあります。

 

特に膝に痛みを感じた場合には「変形性膝関節症」になっている可能性があり、これはリウマチに発展する

 

こともあるんです。

 

もし「変形性膝関節症」になっている場合は他の更年期障害の症状が治まっても関節の痛みだけは

 

ひどくなっていたりするので注意してくださいね。

 

 

更年期に生じる関節痛は「ただの関節痛だから…」と言って流したり我慢したりするのは危険です。

 

リウマチを引き起こす原因のひとつに更年期が含まれているくらいなので、

 

もし痛みを感じた場合には是非一度お医者さんに診てもらってくださいね。

<スポンサードリンク>

更年期障害の症状 女性 40代 関節痛は骨密度低下によるもの関連ページ

頭痛薬では治らない頭痛
更年期障害の症状 女性 40代の頭痛は頭痛薬では治らないことが特徴です!
原因が特定しにくい腰痛
更年期障害の症状 女性 40代 腰痛も更年期障害が関係している可能性があります。
肩こりは筋肉の衰えから
更年期障害の症状 女性 40代 肩こりは筋肉の衰えから来る症状です。
腹痛の原因と改善方法
更年期障害の症状 女性 40代 腹痛は自律神経のバランスの崩れや胃腸機能の低下により引き起こされます。

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために