更年期障害の症状 女性 40代

更年期障害に多い症状はどんなものがあるの?

更年期障害には本当にさまざまな症状があり、またその度合いも人それぞれです。

 

中には自律神経失調症の症状と似ているものもあり、自律神経失調症が原因となって

 

更年期障害が出始めるというパターンもあるみたいです。

 

 

主な症状でホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)、動悸、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、不安感、

 

イライラ、物忘れなどがあります。

 

その他にも更年期障害で上げられる症状はありますが、それらはまた個別に詳しく書きますね。

 

 

これら症状の度合いは人それぞれと書きましたが、その要因としてその人の性格が大きく関わっています。

 

よく例として上げられるものであれば「真面目」「責任感がある」「人の目が気になる」といった人は

 

その性格がいけないということでは決してないのですが、更年期障害の症状が出やすいとされています。

 

そういった人は更年期に入った頃には「ストレスを抱えやすい体質」というのが出来上がってしまっている

 

可能性が高いです。

 

中には「更年期障害の症状をまったく感じることなく更年期を終える」といった人もいるみたいですので、

 

本当に人それぞれなんですよね。

 

 

もし更年期障害の症状に自覚を感じてもそれをひとりで抱え込むのではなく、

 

信用をおいてる周りの人や信用できる病院の先生などに相談するのがいいのではないでしょうか。

 

やはりひとりで抱え込むというのはストレスにも繋がりますし、

 

そのストレスも更年期障害の症状を悪化させる要因にもなりますからね。

更年期障害の症状 女性は40代の閉経から?

女性の多くが40代から月経周期が不安定になってきます。

 

なかなか月経が来ない月もあったり、月に何度も来ちゃったりととにかく不規則になりがちです。

 

こういった状態から一年以上月経が来なくなった状態を「閉経」と言います。

 

月経周期が不規則になってから閉経を迎える方が多いみたいなんですが、これは人それぞれです。

 

本当に突然月経が来なくなって閉経を迎える方や、周期が長くなるだけ、短くなるだけという状態の後で

 

迎える方もいるみたいです。

 

この閉経を迎える前後の約10年間を「更年期」と言います

 

女性は卵巣の中に約数百万個の卵子がある状態で生まれるのですが、

 

その後新たに卵子が作られることはありません。

 

つまり月経によりその数は減少していき、卵巣から分泌される女性ホルモンも減少してしまいます。

 

この女性ホルモンの減少が月経周期を不安定にし、50歳前後で女性ホルモンが分泌されなくなります。

 

すると子宮内を覆っていた膜がなくなり、月経が来なくなって「閉経」するということなんですね。

 

 

女性ホルモンの減少がもたらす症状は月経周期だけではないんです。

 

女性ホルモンは骨、自律神経、記憶力などにも密接に関わっていて、

 

個人差はありますがさまざまな症状が出始めます。

 

 

更年期に起こる女性ホルモンの低下による症状を「更年期症状」と言い、

 

更に進行したものを「更年期障害」と言います。

 

これらの症状は程度の差はあれど、女性ならほとんどの方が避けては通れない道ですので

 

自分に責任を感じたりしないでくださいね。

更年期障害と類似している病気ってどんなの?

更年期障害で一番気を付ける必要があるのが、更年期障害と類似している病気の存在です。

 

何か気になる症状があっても、年代が重なると更年期障害だろうと放置してしまうことで、

 

重篤な症状を見逃してしまうこともあります。

 

よく似た症状でまったく別の怖い病気も存在することを知って、

 

自己判断をしないように気をつける必要があります。

 

 

類似している病気には、糖尿病、高血圧、甲状腺機能障害(バセドウ病)、狭心症、脳腫瘍、脳梗塞、

 

メニエール病、膀胱炎、子宮筋腫、リウマチ、腎臓病、心臓病などがあり、

 

発見が遅れることで重篤な状態になる病気も含まれています。

 

特にバセドウ病は生理不順を起こしたり、ダルさやのぼせなど、
 
本当に更年期障害とよく似た症状が現れますので要注意です。

 

早く気付けば適切な治療で通常の生活に戻れる病気なのですが、

 

放置してしまうと命に関わる場合もある怖い病気です。

 

どうせ歳だから、更年期障害だろうなどと軽く考えて良いものではありません。

 

疲れやすいのも歳のせいや肥満のせいではなく、糖尿病などが進行しているせいかもしれません。

 

仕事場などで定期的な健康診断を受けている場合はある程度体の状況は分かっているかと思いますが、

 

家庭に従事している女性などは自分で定期的に健康を測る習慣を持っておく必要があります。

 

 

また、更年期障害が起こりやすい時期に起こりやすい病気としては、骨粗しょう症高脂血症などが

 

ありますので、他の病気についても注意を始めるに越したことはありませんね。

<スポンサードリンク>

トップページ 痛みを伴う症状 様々な症状 説明しにくい症状 症状の緩和のために